野菜ソムリエseehooの「農的生活」をめざして
seehoo.exblog.jp










<   2006年 08月 ( 16 )   > この月の画像一覧
ニラ&アンチョビ
ニラとアンチョビって合うね。
ちょっと感激。

以前、代官山でイタリアンを食べたときに、
グリルした野菜がアンチョビとパルメザンのソースをまとって出てきて、
大変うまかったので、家でやったら、何か違った!残念だ!

今日は、あまったアンチョビを使って簡単中華ディッシュを作りました。

・ニラとアンチョビ炒め
・大葉とじゃこの玄米チャーハン
・ふわふわ卵のねぎ油かけ
・ねぎスープ

今日は鬼のように簡単で、かつ、おいしかった。

~~~~~~~~~~~~~~~
ニラとアンチョビ炒め の作り方
~~~~~~~~~~~~~~~

1. ニラをいためる。
2. みじん切りにしたアンチョビを混ぜる。
3.  終わり。

ビールに合う!

~~~~~~~~~~~~~~~
[PR]
by s_seehoo | 2006-08-29 01:19
標高1200mより戻りました!
静岡、山梨の農家めぐりから戻りました!

4件の農家さんのところにいって、
もうすぐ公開する新しいサイトの打ち合わせをしてきました。



静岡も山梨も景色がスゴイ!

山、山、山。川。山、山、山。川。山。

d0005041_1232982.jpg


得に、えがおファームのあるところは、
山梨県のみずがきとうところで、標高1200mの山奥。
国道から1時間ぐらい山道を登ったところにあって(車で)、
なんでこんなところに集落があるのか、本当に不思議になるくらい奥地にあるんですよ。

そして、ここで働くスタッフはみな、東京育ち、兵庫育ち、横浜育ちの都会っ子。

遊休農地の開拓を手伝ってから、常駐スタッフになってしまったとういから、
タフな方たち。。。


今回は2泊も泊めてもらったので、
とうもろこしの収穫作業を手伝わせてもらってきましたが、
早朝の農作業というのは、体にいい!

(夜型人間の私が、朝早く目覚めるようになりました!)

d0005041_1432229.jpg


無農薬でとうもろこしをつくるのは大変。

形もきれいで、虫のついていないA品。
形が貧弱なB品。
虫のついちゃったC品(自家用)

に分けるのだけど、Aばかりという訳には、全く行かないの。
BもCも同じぐらい出ちゃう。

ここは、標高が高いので、寒くて、乾燥してるという無農薬栽培には適した場所なんだけど、
やっぱり、無農薬で育てるのは手ごわそうでした。

スーパーで見る、きれいな野菜は選りすぐりなんだよね。

(ちなみにこのとうもろこしは、有機野菜を売っているスーパー「マザーズ」で売ってます)

次は、プライベートでのんびりいい空気を吸いにいってみたいなあ。。。
[PR]
by s_seehoo | 2006-08-28 01:45 | しごと
農家めぐりツアー
掲載させてもらう農家さんと、最終の打ち合わせのための
農家めぐり。

昨日はビオファームまつきさんのところにお邪魔させてもらって、
今日はえがおファーム

フィンランドから来ているウーファさんと一緒に、
6時から、600本以上のとうもろこしの収穫。

農作業の後の、朝ごはんはうまいです!

ここは、国道から山道を1時間弱車で上ったところにあるので、
かなり現世から隔離されていて、いい感じですよ。。。
[PR]
by s_seehoo | 2006-08-24 10:51 | しごと
かりんとう半袋も食べてしまった
机に向かうと、むしょうに甘いものが食べたくなる。

かりんとうをボリボリ食べながら仕事をしてたら、
半袋も食べてしまった。

すごいカロリー高そうだ。
[PR]
by s_seehoo | 2006-08-22 16:58 | ごはん
飽きちゃう・・・
今日は一人でパソコンにむかって、
サイトの仕込み。

一人は飽きちゃう。

どこか行きたいけど、
今日は机にかじりついてないと。。。

集中。集中。
[PR]
by s_seehoo | 2006-08-22 12:17 | しごと
PCCJ 北米ツアー
うわぁ。
パーマカルチャーセンタージャパンから、
魅力的すぎる案内がきました。

めちゃくちゃ行きたいけど、
今は無理だぁ~。

ご興味あるかた、どうぞ行って来てください。

ホリホックは、地上の楽園らしいですよ・・・。
ああ~、行きたい。


------------------------------------------------------------------
~ エコビレッジ・地域通貨・コミュニティガーデン・癒しの森巡り ~
------------------------------------------------------------------

≪日程≫  
2006/9/29(金)~ 10/9(祝) 9泊11日

≪参加費≫ 
325,000円  (燃油費別)

≪内容≫                                            
アメリカ ・ニューヨーク州イサカエコビレッジ見学と滞在
       ・ニューヨーク州イサカ地域通貨イサカアワー視察
       ・ニューヨーク市内のコミュニティガーデン見学
カナダ  ・コルテス島 癒しのリゾート ホリホックの滞在
       ・バンクーバー島 OURエコビレッジ見学と滞在、環境団体と交流
      ・バンクーバー市内のコミュニティガーデン見学

≪定員≫  
10名 (最少催行人員5名)

≪同行≫
パーマカルチャー・センター・ジャパン 設楽清和

≪申込締切≫
2006年9月14日(木)

≪備考≫
参加費には成田からの航空券代、移動交通費(空港-ホテル間市内交通費を除く)、
宿泊代、一部食事代、 通訳費、見学費が含まれます。
*燃油費が別途25,000円くらいかかります。(為替レートにより変動)

≪プログラム主催≫
パーマカルチャー・センター・ジャパン

≪旅行手配≫
有限会社リボーン 
<エコツーリズム・ネットワーク>  
http://www.reborn-japan.com

■ ツアーの目的 ■
いま世界中で、持続可能な社会=世界づくりをめざしてパーマカルチャーや
エコビレッジ、地域通貨、コミュニティガーデン、そして自然と人間の意図が
織りなす美しい環境のもとでの様々な教育や癒しの場の創造などが展開さ
れはじめています。今回のツアーはそういったところを訪れ、持続可能な世
界を作ることの意味と方法を学びます。

■ スケジュール ■
9/29 (金)
  成田 17:15発 トロント乗継ぎ ニューヨーク 19:40着                      宿泊/ ニューヨーク市内   アスターオンザパーク
9/30 (土) ニューヨークからイサカまでレンタカーにて移動  イサカエコビレッジ見学       宿泊/ イサカエコビレッジ
10/ 1 (日) イサカ市内の見学/地域通貨イサカアワーの視察/
  ファーマーズマーケットの見学                                     
  宿泊/ イサカエコビレッジ
10/ 2 (月) イサカからニューヨークへ移動
  ニューヨーク市内のコミュニティガーデン見学                               宿泊/ ニューヨーク市内 アスターオンザパーク
10/ 3 (火) ニューヨーク 8:35発 トロンロ・バンクーバー経由 バンクーバー島 
  16:40着 バンクーバー島到着後、OURエコビレッジ見学                        宿泊/ バンクーバー島  OURエコビレッジ
10/ 4 (水) コモックスバレーにレンタカーで移動/地元の環境団体と交流
  フェリーを2回乗継ぎコルテス島へ移動
  宿泊/ コルテス島 ホリホックリゾート
10/ 5 (木) ホリホックにて自由時間(カヤックなど)                           宿泊/ コルテス島 ホリホックリゾート
10/ 6 (金) コルテス島見学/ファーストネイションの人達との交流等                宿泊/ コルテス島 ホリホックリゾート
10/ 7 (土) コルテス島からバンクーバーへ移動後、市内のコミュニティガーデン見学       宿泊/バンクーバー市内ホテル
10/ 8 (日) バンクーバー 13:00発 エアカナダ にてバンクーバーから成田へ         宿泊/ 機内  
10/ 9 (祝) 成田 15:10着 

■ 訪問先の紹介
≪アメリカ≫
◎ イサカエコビレッジ ◎
 二つの居住区があり約50戸の住居がある。家は、ローカル材やリユース材を利用し、自然エネルギーを有効利用できるようデザインされている。有機野菜の畑もある。
 ツアーではここに暮らしているお宅にホームステイしてエコビレッジのコミュニティを学び交流をはかる。
◎ 地域通貨 イサカアワー ◎
 地域経済の潤滑油として貨幣の代わりに地域ごとにつくられる経済システム“地域通貨”。イサカの地域通貨は紙幣を利用しているのが特徴。現在500店近い地域企業で使うことができる。
 ツアーでは、イサカアワーを実際に運営している方から現在の状況などについて話を聞く。
◎ ニューヨーク コミュニティガーデン ◎
 巨大都市ニューヨークにできた緑の空間“コミュニティガーデン”。荒れた土地に緑を植えて、市民の憩いの場となっている。ツアーでは、ガーデン内を見学する。
≪カナダ≫
◎ ホリホックリゾート/コルテス島 ◎
 かつて数人の人達の手によってつくられた、癒しの場がホリホックの始まり。
 現在では「心身の癒し方」を身につけるために4月~11月までの間、世界中から一流の講師を招いてさまざまなワークショップが開かれている。その種類は100を超える。目の前は穏やかな海、森の中に宿泊施設やカフェテリア、ワークショップがおこなわれる建物が点在している。どの建物も自然と調和したユニークなデザインで、観て回るだけでも面白い。
 ツアーでは、リゾート内の建物や森や海岸の散策や、オプションでカヌーやマッサージを楽しむ。また、コルテス島では先住民との交流やパーマカルチャーを視察。何千年も変わってないであろう自然の循環を感じることができる。
◎ バンクーバー島 ◎
 世界の温帯雨林のうち25%がブリティッシュコロンビア州に集まっている。森には杉など樹齢1500年にもなる巨木もあり、地面には苔やシダで覆われている。杉を使って先住民族がつくったトーテムポールがナナイモからキャンベルリバーまでの道のりに並び、神秘的な雰囲気が残っている。ツアーでは島内を車で巡ります。
◎ OURエコビレッジ ◎
 バンクーバー島の南部コイカンバレーにあるOURエコビレッジ。敷地内には自然素材で建てたセミナーハウスやサウナハウスが並ぶ。ツアーでは施設内を見学するだけでなく、宿泊してエコビレッジでの生活を経験します。


■申込み方法
パーマカルチャー・センタ^ジャパンまで、e-mailまたはファクスにて
2006年北米研修ツアー申込みとお書きの上
1.氏名
2.連絡先住所と電話番号
3.メールアドレス
をお知らせください。

申込先 特定非営利活動法人パーマカルチャー・センター・ジャパン
tel.0426-89-2088 fax.0426-89-2224
e-mail: info@pccj.net
[PR]
by s_seehoo | 2006-08-20 10:55 | パーマカルチャー
七沢農園 弓木野さん 目黒参上
以前、ブログに書いたんですけど、
神奈川県の七沢でパーマカルチャーや、バイオダイナミック農法で
野菜を作っている弓木野さんが、目黒でイベントを行います!

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
日時:2006年9月16日(土)16:00~18:00
場所:アサンテサーナ・カフェ(地図はこちら)
参加費:2,000円(野菜の試食、ワンドリンク、野菜のお土産付)
要予約・問合せ:アサンテサーナカフェ
(TEL03-3791-2147、e-mail: wwbj@cyber.gr.jp)
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

前にもかきましたが、
この8月末で七沢農園は、バイパス道路ができるということで、
やむなく閉鎖をするんです。

(あの美しい農園が道路になるなんて、信じられませんが。)

d0005041_23155616.jpg

d0005041_2316759.jpg


そんな苦境に立たされながらも、「一生百姓をやり続ける」と熱っぽく語る
弓木野さんの話に耳を傾けながら、一杯やりましょう。

心に残るイベントになるだろうなあ。。。

すごく農業が好きなかたも、ちょっとだけ農の話を聞いて見たい人も、
どちらも楽しめそうです。

---------------------------------------------------------------------
■トークライブ 「俺の野菜を食べてみて下さい!」

カフェの有機野菜の生産者、神奈川県の七沢農園、弓木野さんが、農業にかける熱い思いを語ります。弓木野さんは8年前に農業に出会い、それからずっと有機栽培で野菜を作ってこられました。農業はとにかく土作り、と、全人生をかけて土つくりに打ち込み、その成果は、野菜の美味しさが物語っています。本当に朝から晩まで、ひたすらもくもくと、おいしい野菜つくりに丹精こめてこられたのですが、畑にバイパスが通ることになり、この8月末をもって畑を閉園することになりました。

これまでも周囲の人との問題や、悪天候、不作などたくさんの問題に悩まされてきても、それでも、やっぱり「俺は一生百姓を続けるよ!」とおっしゃる、とっても明るい弓木野さんの人間的な魅力に、畑を手伝いに行く方も少なくないでしょう。この8月に閉めることになりましたが、きっとどこかの地で、畑を再開されることでしょう。これまでの百姓人生を振り返り、なんでこんなに一生懸命農業に打ち込むのか、その思いや日本の農業についての思い、それからなぜ、こんなに苦労してまでも有機で農業をやるのか?など、いろんなことを聞いてみたいと思います。きっとアッという間の2時間になること、間違いなしです。

本物の美味しい有機野菜を食べてみたい方、食について興味のある方、農業について興味のある方、はたまた、弓木野さんという人間に興味を持たれた方、どんどんご参加下さい。

当日は、弓木野さんの作った野菜を食べながら、お話を聞き、なんと、野菜のおみやげ付です。

<弓木野さんプロフィール>
学生時代、友人と会社を起こし、居酒屋やディスコで大成功。その後、銀座で仕事をしているときに農業に出会い、めざめ、埼玉の有機農家で2年間研修を受け、自分で畑を借りて独立して8年になる。現在、神奈川県の七沢に農園を開いて3年になり、これからという時に畑にバイパスが通ることになり、8月いっぱいで畑を閉めることになる。しかし、農業への熱い思いは誰にも負けない40歳。多くの人に農業のことを伝えたいとブログも毎日更新中。このブログのファンも少なからず、ぜひ読んで見て下さい。おもしろく、内容の濃~いブログです。

定員がありますので、なるべくお早めにお申し込み下さい。定員になり次第締め切らせていただきます。

日時:2006年9月16日(土)16:00~18:00
場所:アサンテサーナ・カフェ(地図はこちら)
参加費:2,000円(野菜の試食、ワンドリンク、野菜のお土産付)
要予約・問合せ:アサンテサーナカフェ
(TEL03-3791-2147、e-mail: wwbj@cyber.gr.jp)
---------------------------------------------------------------------
[PR]
by s_seehoo | 2006-08-18 23:16 | 農家さん
なんだよ この天気は!
すごい快晴!

d0005041_13222292.jpg


南伊豆 - 富士 - 山梨と農家めぐりをするはずが、
ずっと雨の天気予報だから、泣く泣く帰ってきたというのに!

なんだよ~!

切な~っ・・・
[PR]
by s_seehoo | 2006-08-18 13:23
南伊豆 はぐくみ農園
バカンスではないけど、
お仕事のお話があって南伊豆の「はぐくみ農園さん」にお邪魔してまいりました。


はぐくみ農園さんは、
パーマカルチャーセンタージャパンにチラシがあって知ったのですが、
自給的な生活をしながら野菜やお米を作って、販売してしる農家さんです。


初めてお会いしたのに、
ずうずうしくも、泊まってきてしまいました(笑)。

d0005041_482687.jpg


ご主人の横田さんは、ニュージーランドのレインボーバレファームで
woofをしていたり、小川町で研修していたりと、
すてきな経験をしている農家さんで、
奥さんは元助産婦さん。

なんか、いい感じですよね。

古い民家に、横田さん、奥さんの裕美さん、
お子さんの和(なごみ)ちゃんの3人で暮らしていらっしゃいました。


■不耕起の畑 あいがもの田んぼ

野菜は不耕起で、肥料もほとんど使わずに育てているんだって。
不耕起や無肥料は何十年も土作りをした後じゃないと
出来ないと思っていたので驚いた!

しかも、野菜は虫食いが少なくて、甘みが強くてとってもおいしい。

効率的じゃないから、楽じゃないとはおっしゃっていたけど、
出来ちゃうもんなんですね。

田んぼはあいがもと育てていて、
結構な量のあいがもさんがいました。
あんまり多いので驚いたけど、田んぼの雑草はほとんど生えて無かったです。



■住人専用共同温泉

ここは温泉の町、伊豆だったんだ!
なんと、住人専用の共同温泉がありました。

何年前に作られたのかわからないような、ひなびた温泉があって、
この地区の住人は自由に利用できるんだって。

なんと、生後9ヶ月の和ちゃんも、毎回この温泉を使ってる!

和ちゃんは近所のおばあさんたちのアイドルになっていて、
和みちゃんのためにお湯をぬるくしてくれたり、
ぐずるとあやしてくれたり、みんなに愛されていました。

そんな光景は初めてみたけど、
昔の日本はそんなふうに、近所全体で育ててたのかもね。
すごく、ステキでした。


■レイキヒーリング

私が訪れた日にたまたま、
裕美さんがレイキヒーリングを習っていた日で、
夜、ヒーリングをしてもらいました。

受けてるほうはよく分からないのだけど、
肩とか首とか凝りまくっているところに手をかざすと、
「ビリビリするよ」って言ってました。

たしかに、今日は肩が軽い気がする。



そのほかにも、和ちゃんのオムツをさらしでつくってたり、
パンも自家製だったり、すてきな暮らしをされていて、
いい勉強をさせていただきました。


すごくゆっくりしてきてしまいました。


ありがたい。
ありがたい。


こういうステキな農家さんがいるということは
未来の日本の宝だよなあ。。。


と、思うのです。

私もなんかの宝になりたいわ。
[PR]
by s_seehoo | 2006-08-17 04:08 | 農家さん
なんだ!こんな夏休みか!
あ~!!!!
引越しやら、起業手続きやら、やってたら、もう、8/15じゃん!


終戦記念日でもあり、
私にとっては、仕事復帰の日にしなくちゃならない日だわ。


なんだか、毎年何かバタバタしてて、バカンスとかした記憶がないよ~!

バカンス、バカンス。

いいな~!

いいな~、しあいなあ~!
[PR]
by s_seehoo | 2006-08-15 00:52 | 暮らし


seehooの農的生活ブログです。農のサイト『farmania』も運営しています。