野菜ソムリエseehooの「農的生活」をめざして
seehoo.exblog.jp










<   2005年 08月 ( 15 )   > この月の画像一覧
ピースメディア塾 1年ぶりじゃないか?会
去年、Be good cafe のピースメディア塾というものに参加していました。

これは、浅井久仁臣さんを塾長として、
メディアリテラシーを高めようという趣旨のあつまり。

毎回講師として、
TBS報道局社会部次長の小嶋修一さんや、
元広告代理店勤務の吉田理映子さんを迎えて、
人間味あふれる授業が行われました。

受講生は、19歳ぐらいの大学生から、40歳を過ぎた高校先生まで、幅広い層で、
結局は、情報を発信したいと思っていたり、何か疑問に思っている人が集まっていたので、
ディスカッションをするようなことが多かったのかな?

この久しぶり会が行われました。




最近思うことは、メディアの責任。

昔は取材は100回行け!
とも言われたそうだけれど、今そんな人はいない。
手っ取り早く絵になり、話題になり、視聴率が稼げそうなネタを拾い集めることに夢中だ。


メディアの影響力は強いので、経済も動かす。
しかし、そのベクトルはどこへ向かっているのか。
視聴率の取れる方へ、話題になる方へ、その先にある責任は?

流行りモノの夢の島。


メディアに視聴率のことを考えず、部数を伸ばすことを考えず、
伝えるべきことを伝えてくれというのは無理な話だ。

だから、視聴者、購買者が賢くならなければ。
本当の情報と、ビジネスのために垂れ流される情報をと振り分ける目をももたなければならない。
[PR]
by s_seehoo | 2005-08-28 05:48
コミュニティーガーデン仲間&いっぱいでピザパーティー
23区内にコミュニティーガーデンを作ろうチームの呼びかけ人
小川さん宅にてピザパーティー。

30人ぐらい来るとはきいていたが、
後から後から人が増えて、
いったい何人ぐらいいたんだかさっぱり分からない来ていた。

まずは、小川さんと数人で実践しているコミュニティーガーデンへ。
共同のスペースに大根の種をまいたり、草取りをしたり。

この畑メンバーは朗らかな人が多いらしく、
けっこう伸び放題に大豆やら、トマトやら育っている(笑)。
やんちゃな畑といったかんじ。
d0005041_2231797.jpg


午後は小川邸に場所を移し、
軽トラを改造した移動式の石釜ピザ屋を招いてのピザパーティー。

d0005041_2252436.jpg

d0005041_2302232.jpg


畑で取れたジャガイモをトッピングにいれてもらったり、
ピザ屋のおばちゃんおすすめの北海道の自然農栽培の豆をつかったりと、
うれしい素材をつかってくれてるじゃないですか!
ブラボーです。

ビール&ピザ最高!
[PR]
by s_seehoo | 2005-08-28 02:23
初 世田谷ものづくり学校
d0005041_1541843.jpg

d0005041_1543170.jpg


友人と世田谷ものづくり学校へ。

実は初めて。


どうにも懐かしさを感じる建物に、
ゆるーくオシャレなインテリア。

居心地が良い。


廃校になった小学校にデザイン、
建築、映像、食、とあらゆるクリエイティブ系事務所が
各教室に入っている。


どうせ働くなら、こういうところで気の合った仲間と
ゆるく働きたい。



自由な空気感に私たち世代は共感する。憧れを抱く。
のかな?


最近、仕事上関係している別のベクトルに感化されていた。
地位とか、名誉とか、権力とか、全然興味はないと思っていたけど、
そういうものに逆らえないなあ、怖いなあ、とか思っている私もいたりした。

あ、そうじゃなくって、私はこっちが気持ちがいいんだ。
と確認する。

きてよかった。


GO SLOW のフルーツタルトも美味なり・・・。
[PR]
by s_seehoo | 2005-08-27 01:55
自給の経済学とミヒャエルエンデ
朝5時半、早起きしてテレビをつけると、みたことのない番組が・・・


「自給の経済学」
「ミヒャエルエンデのモモ」


の単語が寝ぼけた頭に引っかかる。

d0005041_6491869.jpg



何という番組かは分からないのだけれど、アナウンサーのお姉さんと、
Gパンに黄色いTシャツのテレビに映るにはラフすぎるような格好のおじさんが


「これからは、時間を浪費する経済から、
時間を自分のために使う「自給の経済学」へシフトするんです。
というような話をしている。」

それにしても、
黄色いTシャツとぼろいGパンを着てテレビで経済を語る人を初めて見た。
衝撃。


ミヒャエルエンデは、高校生のころ「モモ」を
読んだ。
時間泥棒の話で、不思議なおとぎ話だったぐらいにしか記憶していなかったのだけれど、
ここ1ヶ月ぐらいでよく耳にするようになっている。なぜ?

実は、モモは単なるおとぎ話ではなく、
もっと深い話をしているようなんですって。

お話の中に「時間泥棒」というのが出てきてたのは覚えているんだけれど・・・

どうやら、時間を浪費する「マネーゲームの経済学」と
時間を大事につかう「自給の経済学」との話でもあるらしい。

自給の経済学でGoogle検索をしてみたら、
農文協のページに面白い記事が。
しかも1999年の記事です!さすがです。http://www.ruralnet.or.jp/syutyo/1996~7/9904.htm
[PR]
by s_seehoo | 2005-08-26 06:54 | 暮らし
自給率40% 豆3%
この間、野菜ソムリエのメルマガにも書いたので、
あちらも読んでいらっしゃる方にはダブりますが、

平成16年度の自給率は・・・・

7年連続横ばいの 40%!

なんと大豆は5%から3%へダウン!!

http://www.maff.go.jp/www/press/cont2/20050810press_3.html http://www.kanbou.maff.go.jp/www/fbs/fbs-top.htm

40%が維持できたのは、うれしく思わなくてはいけないのかしら・・・
とも思いますが、大豆の3%っていったいなんじゃ!

ですね。


その割には、スーパーでは「国産大豆使用」ってものが多すぎる。
世田谷通り沿いのサミットだけで、3%いっちゃうじゃないか・・・とか思うくらい。
(そんなわけはないけど、世田谷通り沿いにサミットって多いよね?夜遅くまでやっているので便利なんだけどね)

去年の8月の農水省のホームページの「こども相談Q&A」では、大豆生産の安定化を促進(そくしん)していますって書いてあったのに。

それなりに時間がかかるのかな、ってあたりえだよね。


まあ、まあ、まあ、大豆と言えば、
「大豆トラスト」とか、「大豆レボリューション」とか、
いろんな動きがありますね。

ドージバの大豆レボリューションは1度参加してみたい。

あ、トージバがcafegloveで紹介される。
お、NPOが脚光を浴びる時代なのですね。
[PR]
by s_seehoo | 2005-08-24 22:37
憧れの「ビオファーム まつき」 を訪問!!
「ビオファーム まつき」 といえば、分かる人は分かるでしょう。

「タイユヴァン・ロブション」で4年半メートル・ド・テル(給仕長)を務めた後、
突如「有機農家」となった松木一浩さんのファームで、
渋谷のMirabvile広尾のLe Rond-Pointなど、「ビオファーム まつき」 の野菜を使うレストランも多く、
学研から「〈ビオファームまつき〉の野菜レシピ図鑑」という
すてきな本も出版されています。

以前より、レストランでお野菜を頂いたり、
本などで見ては「いつかお会いしてみたい・・・」と密かに願っていたのですが、
以前仕事で松木さんにお世話になったという友人がビオファームを訪問するとのことで、
急遽私も便乗させてもらいました。(願いはかなう?)

d0005041_10243076.jpg


東京から2時間半ぐらいとのことだったので、余裕をもって8時に渋谷を出発。
しかし、予想外の大渋滞に、ビオファームに到着したのは、2時。
結句6時間もかかってしまいました(笑)。

さてさて、はじめてお会いする憧れの「松木さん」はどんな方なのか・・・

緊張しながら近づいてみると、
にっこり笑顔で出迎えてくれた。

ホっ。

とてもで気さくな方のよう。

全部で10箇所あるという畑を数箇所見学させて頂き、
どうやって育てているか、どんな土作りを行っているかなどを
教えていただきました。

一部自家採取もされているようです。

ちなみ、このあたりは元々稲作地帯とのことで、
畑のスグ横に用水路が引いてあり、水の豊かなとこらしい。
汗が滴り落ちるほど暑いが、水の音が心地良い。

一通り畑を見せていただいた後は、
お家でお茶をいただきながらお話を伺う。というか、質問攻めに(笑)。
(お話は後日別枠でまとめたいと思います)

野菜をつくり、レストランや個人へ向けて野菜を届けたり、
ジャムやケーキも作って販売したり。

松木さんのお話をうかがっていると、
農家がとてもクリエイティブでかっこいいい職業のように思える。

松木さんのように、消費者の感覚を知っていて農家をすると、できることがたくさんある。

確かに松木さんは、本やテレビに取り上げられることが多く、
普通に新規参農する方よりは恵まれていると思う。
みんながみんなすぐにそうできるとは思わないが、
それができることを示して、先頭を切ってくれる人が必要だと思った。

「自給率を上げよう」
「就農率を上げよう」

なんて100回いうより、松木さんの生活をみて「かっこいー!」「こんなふうになってみたい!」
と思うほうが、100倍強くてリアルだ。

日本の農業の未来に不安をもつ1生活者として、
松木さんがこれからどんな活躍をしてくれるのか、
すごく楽しみで、心強い。

微力ながら、私も何かが良い方向へ向かうような活動がしたいと強く思う。

暖かく迎えていただいた松木さんに感謝!
そして、この機会を作ってくれた友人2人に感謝!
[PR]
by s_seehoo | 2005-08-20 08:51
オアシスガールズ vs 下々ガールズ
野菜のソムリエ協会の仲間と「麻布十番祭り」に行きました!

メインイベントは、なんといっても、
「salon de 小夜 オアシス」での「夜子ママ&オアシスガールズ」のショー!

「夜子ママ&オアシスガールズ」とは、
日本一のクラブだった赤坂の高級ナイトクラブ「コパカバーナ」
(オープン当初にはデヴィ夫人も在籍していた)でわずか3ヶ月で
ナンバーワンとなり弊店までの6年間その地位を守り続けた二条夜子さんが、
オーナーママを務める、「salon de 小夜 オアシス」のホステスからなる、
ボランティアグループで、歌と踊のパフォーマンスを行うらしい。

このショーが「salon de 小夜 オアシス」(入るだけで2万5千円)で無料で見られる
とあって、興味津々。自称「下々ガールズ」の私たち9人で高級クラブの階段を下りる。

階段の下の社交界では、ジャングルのような、プラネタリウムのような異世界が広がり、
美しいお姉さま形の歌とダンスが繰り広げれれる。

話を聞いただけでは、どうも???とおもっていたが、
たったの数十分のショーにより、「下々ガールズ」9人は
小夜ママのオーラにみなやられ信者と化していた(笑)。

d0005041_11202559.jpg


階段を上り、目を覚ました私たちは国際会場へいき、ビールを片手に
カレーやら、パエリアやらを買い食いし、お祭りを満喫。
(やっぱり小市民なの・・・)

2005年夏の思い出がひとつ増えました(笑)。
[PR]
by s_seehoo | 2005-08-19 11:19
23区内にコミュニティーガーデンを! プチMTG
先日のパーマカルチャー塾のギャザリングの際に、
「23区内にコミュニティーガーデンをつくる」
というサークルを作ったのですが、これが未だ継続しています。

今日はそのMTGとして3人で集まりました。

それぞれがどんなコミュニティーガーデンを作りたいか、
という話を聞くつもりだったのだけど、
友人の家でご飯を食べながら、
なんでパーマカルチャーに興味を持ち出したのかとか、
前はどんな仕事をしていたとか、
そういった話をしていたら、あっという間に23時半を回ってた(笑)。

今の消費社会に疑問を持ち出した時期もきっかけも違うけれど、
日々の生活に疑問を思うタイミングとか、
なんとなくやりたいと思っていたことがつながるタイミングとかたあって、
結局今こうして仲間とシンクロしている。

こうした話が、てらいなくできるものパーマカルチャー仲間の良いところ。
誤解を恐れずディーブな話ができる。

写真を取れなかったけれど、豆のミートローフ(マメローフ?ベジローフ?)
おいしかったな~。
[PR]
by s_seehoo | 2005-08-18 11:42
野菜の塩 塩の野菜 パスピエール

そうそう、この間会社の友達と仕事の下見という名の元に
話題の野菜レストラン青山の「WEYEKIN」に行ったとき、
不思議な野菜を見つけました。

その名は「パスピエール」

d0005041_0364076.jpg


別名「シーアスパラ」といって、
塩として料理に使う野菜と店長さんがおっしゃってました。

写真にあるように、
樹の枝みたいな、鶏の足みたいな、変な形をしているんだけど、
食べると形容しがたい・・・

水分がすごくおおくて、噛むと中から塩水が出てくる。

青臭い塩水。

海岸沿いで育てるようなことおっしゃっていました。
これは海水の塩っぼさなんですかね。

たしかに、そんな味なんですよ。

でも、野菜なの・・・

不思議です・・・

決しておいしくはないですが・・・

「WEYEKIN」にいったらぜひ試してみてください。
[PR]
by s_seehoo | 2005-08-17 00:20 | ごはん
パーマカルチャー塾体験記 全アップ完了!
やったー!

パーマカルチャー体験記全アップ完了!

ためて、ためて、ずっとためていたので、結構しんどかったけど、
本日までに受けた全6回分はアップした。

内容ななんだか、自己満足な文章であまり満足はしていないけれど、
とりあえず、やらなくちゃと思っていたところはクリア。

ふ~っ・・・

パーマカルチャー塾デザインコース体験記 序

パーマカルチャー塾デザインコース体験記 第1回目

パーマカルチャー塾デザインコース体験記 第2回目

パーマカルチャー塾デザインコース体験記 第3回目

パーマカルチャー塾デザインコース体験記 第4回目

パーマカルチャー塾デザインコース体験記 第5回目

パーマカルチャー塾デザインコース体験記 第6回目

d0005041_912885.jpg


あとは、4回あるのでそれは体験したらスグアップします。
[PR]
by s_seehoo | 2005-08-15 09:12 | パーマカルチャー


seehooの農的生活ブログです。農のサイト『farmania』も運営しています。