野菜ソムリエseehooの「農的生活」をめざして
seehoo.exblog.jp










カテゴリ:暮らし( 65 )
なんだ!こんな夏休みか!
あ~!!!!
引越しやら、起業手続きやら、やってたら、もう、8/15じゃん!


終戦記念日でもあり、
私にとっては、仕事復帰の日にしなくちゃならない日だわ。


なんだか、毎年何かバタバタしてて、バカンスとかした記憶がないよ~!

バカンス、バカンス。

いいな~!

いいな~、しあいなあ~!
[PR]
by s_seehoo | 2006-08-15 00:52 | 暮らし
とりあえず落ち着きました
いやあ。
本当に疲れました。

引越しは好きなので、余裕で構えていたら、
最後の2日は、ほぼ貫徹状態。

ヘビーな引越しでした。

まあ、なんとか引越し完了です。



下町情緒たっぷりの松陰神社から、
若奥様風の新百合ヶ丘住人になったわけですが、
本当にドラマのような住宅地で、不思議な気分です。
その辺から、米倉涼子と石黒健が出てきそうな感じ。

こんな平和そうな住宅地には、
意外といろんなドラマがあるんじゃないかと興味深々。



 ↓↓新百合だけに、野原に百合が・・・野生?じゃないよね。
d0005041_2052993.jpg

[PR]
by s_seehoo | 2006-08-13 20:59 | 暮らし
いよいよ 旅立ちだ~
さて、いよいよ引っ越します。

50年ほど前の日本家屋の最後の住人としては、
感慨深いものがある。

古い家に住んだ感想は、

●圧迫感がない。

素材が、木と土と紙でしょ、だから、圧迫感がないの。
この素材は、日本の財産だ!

●間取りが自由

襖を外したり、くっつけたりすると、
部屋を分けたり、ワンルームにしたり、何でもできる。

とか、いろいろあるけど、
なんとなく、心地よかったなあ。

虫やら、動物やら、出没しまくるので、
困りもしましたが、いとおしいお家でした。

なもんで、ちょっとお休みします。
10には復活する予定だけど。

ダンボールの山の中より。
[PR]
by s_seehoo | 2006-08-07 04:38 | 暮らし
ゴミは高い!

テレビ   2500円
パソコン  4000円~
洗濯機  4000円


これ、粗大ゴミを捨てるときにかかるお金。

これでも安い。

テレビをすてるのに、8000円もかかるところもありましたよ。


いやあ。
ゴミを捨てるのも大変。
[PR]
by s_seehoo | 2006-08-03 02:19 | 暮らし
欲しい・・・縦形野菜室つき冷蔵庫
「野菜は縦にしまいましょう」 って言いますよね。

育っていた環境と似た環境にしておいて上げたほうが、
痛みづらいようです。



・・・でもって

冷蔵庫をさがしていると、こういう冷蔵庫って意外とあるの。


d0005041_357445.jpg


■シャープ
http://www.sharp.co.jp/aijo-hotto-ko/index.html
http://www.sharp.co.jp/products/sjpv40k/text/p1.html

■三菱
http://www.mitsubishielectric.co.jp/home/reizouko/index.html


機械好きなので、そそられます。

服のバーゲンは興味がないのですが、
機械の性能とか機能とは弱いです。。。

ねぎとか、大根とか、立ててしまってみたい。。。
ニラとかも・・・

美しそうだ・・・


でも、縦型野菜室がついている冷蔵庫はどれも
高級機種で、高い!高いなあ~。。。

また今度だなあ。。。
[PR]
by s_seehoo | 2006-07-18 03:58 | 暮らし
羽蟻 大量発生の夜
たしかに、毎年こんな夜です。


この家に引っ越してから毎年恒例。。。

クーラーをつけないとつらいなあ。。。
なんて思う、夏の初めのころ、毎年きまって、

「羽蟻 大量発生の夜」 があります。



1年目は、農村から帰ったばかりだったので、あまり気になりませんでした。

その夜、たまたま遊びに来ていた女友達も、
インドネシアに会社を作ってしまうようなツワモノだったので、
あんまり気にしてませんでしたね。


2年目も、なぜかあんまり気になりませんでした。


そして、3年目、私も都会の感覚になったのか、気持ち悪い!!!

形を調べるとシロアリの羽ありではなさそうだけど、
もしそうだったら地震がきたら、こんなお家はイチコロだろうなあ。


d0005041_1502785.gif

・左がシロアリの羽あり
・右がありの羽あり
うちのは右のやつですが、これはなんで大量発生するんだろう。。。



この家は、本当にいろんなものが住んでます。

ガマがえるは、門のところにいつもいるし、
ヤモリは壁にへばりついているし、
ドアをあけてると、知らない間に猫が家の中に入ってるし、
カラスが庭で取っ組み合いの喧嘩してたりとかさあ。。。

よくいえば、松陰神社ビオトープです。



都会暮らしとは言いがたい状況に、
正直なところ、農的な古民家の家よりも、
新築でピカピカなお家に軽い憧れをいだいてしまう今日このごろです。
[PR]
by s_seehoo | 2006-07-17 01:51 | 暮らし
ただいま戻りました
先週の木曜日に投稿してから、すごく久々に戻ってまいりました。

アクセスしていただいた皆様、すみません!
見捨てないで。。。


金曜日に、前の仕事仲間がお別れ会を開いてくれて、
ああ、「ここの仕事終わったんだ~」ということを実感。

週末は、引越しの準備をしていて、
ああ、「住む場所が変わるんだ~」ということを実感。


この二つの実感からか、
変化にはすごく強いはずなのだけど、
ちょっと、フヌケになったみたい。

今年の夏は、新しい住処にうつり、
仕事で新しいチャレンジもするし、
結構体力使いそう。


「体力づくり」「規則正しい生活」
これが課題です!

わ~、レベルが低くて恥ずかしい!
[PR]
by s_seehoo | 2006-07-11 13:33 | 暮らし
体力か暑さか・・・
最近暑かったからか、ものすごい眠気に襲われて、昼も夜も眠い。

ブログを書いてる途中に眠気が襲う・・・

という感じで、久しぶりの更新。

今週の分、いくつかまとめて書きました。
[PR]
by s_seehoo | 2006-06-30 01:41 | 暮らし
茅ヶ崎 酒蔵の旅
友達が東京から福岡に帰ってしまうので、
いろんな意味を込めて「茅ヶ崎&鎌倉」へプチ旅行。

彼女にはなぜか、「助けられる縁」で、
富士山の登頂で高山病になったところを介抱してもらったことを皮切りに、
なにかと世話になりっぱなしでした。

最後になにかしたくて、茅ヶ崎の「熊澤酒造」へ。

なぜって、彼女が類を見ない酒好きだから。



「熊澤酒造」は創業より130年、独特の風土が生み出す作り手の
少量生産による良質な酒を守り続けている小さな酒造メーカーで、
看板商品の「湘南ビール」は、ワールドビアカップで銀メダルも受賞しています。


酒蔵と併設してレストランやビール酵母をつかったパン屋などもあり、
酒もご飯も楽しめるのです。


どんなところかというと、こんな具合。
いいでしょう。
d0005041_4413591.jpg


センスがいいです。
しかも、レストランのサービスはホテル並み。
しかも、酒蔵見学は若社長自ら説明してくださるという待遇。

どうなってるんだ!この酒蔵は!


ただものではない・・・。


高品質の酒、上級のサービス、上品なセンス。
これらは全て、若社長の手腕のよう。

10年ほど前に代替わりしてから、酒蔵を改造してレストランを開いたり、
ビールを始めたり、酒をより少量高品質に絞り込んだりとされたよう。
新しいことにチャレンジ、拡大しながらも
「手作りの仕事を守り、品質の向上に妥協しなかった」というところが、
いいですね。

この社長が、
「ビールはあらゆる国で作られているので、
 ビールの文化はその国の文化そのものを知ることができるんです。
 東京は国の政策で多様性のあるビール文化が生まれなかったのですが。」

とおしゃっていたので、

「国の政策でそうなってしまうこと自体が、戦後の日本の文化ともいえるのですね」

というと、

「いや、日本のビールの文化は始まったばかりなんです。
 これから、何十年かすれば、日本のビール文化が確立するはずなんです」

と、即座に力強い反応がありました。


この酒蔵さんは酒造りだけにとどまらず、日本の酒文化を創造する気なんだ。
ということが伝わってきて、すごく応援したくなりました。

こういう気持ちについつい、心を動かされてしまうのです。



その後、レストランでおいしいビールやお酒やお酒にあう繊細な和食を頂き、
頭も舌も心も「熊澤酒造」さんに酔いしれました。
本当にいい酒蔵でした。

d0005041_442211.jpg


その後は、茅ヶ崎海岸で青春ごっこをして、
鎌倉でそばを食べて、神社を見学し、池に飛ぶ蛍を見て。。。

プチ旅行終了。

d0005041_4423725.jpg



いい一日でした。
いい思い出づくりが出来たかな・・・。

ちょっと寂しいが、これもまた新しい旅立ちなのだね。。。
[PR]
by s_seehoo | 2006-06-22 04:43 | 暮らし
かけはぎ
スーツはめったに着ない。

固い打ち合わせの時ぐらい。



この間、久々にスーツを着ようとおもったら、腕のところをバッチリ虫が食っていました。

よほどおいしかったらしく、
3つも、4つも、5つも、6つも穴が開いている。



お気に入りのものだったので、捨てるわけにもいかず、
近所のおじいさんがやっている、「テーラー」にかけはぎをお願いしました。



そこは、おじいさんとおばあさんが二人でやっている紳士服の仕立て屋さんで、
まじめで質素。

時間がとまったかのような、懐かしい雰囲気のすてきなお店です。



そして、できあがりがコチラ。

d0005041_2143831.jpg


良く見ればわかるけど、
来てしまえば多分、分からない。



気に入ったものを、修繕して使うのって、リッチ。

いや、モノ自体はそんないいものじゃないんだけど、なんとなく気持ちがいい。

ほころびも歴史に思えるようなモノえらびがしたいなあ。


とはいっても、安物買いばかりしちゃうんだけどね。


理想としては・・・。
[PR]
by s_seehoo | 2006-06-20 02:15 | 暮らし


seehooの農的生活ブログです。農のサイト『farmania』も運営しています。
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31